読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

神々の騒嵐、実装後の環境を支配する強デッキとは何か?

f:id:za5a2b:20170402231549j:plain

2017年3月30日から、新パック神々の騒嵐がshadowverseに追加されました!バハムート降臨が実装されてから、約3ヵ月の月日が経っていましたが、前環境はどうしてもマンネリ化が避けられませんでした。

同じようなテーマのデッキはランクマッチを徘徊し「またこのデッキか…」と思ってしまうような人も多くいたでしょう。もしかしたら、神々の騒嵐が追加されるまで、shadowverseから離れている人もいたのではないかと。

そして、この神々の騒嵐が実装されたことにより、今まで離れていた人たちもまたこのゲームに触れ、シャドウバースの活気の熱が戻ってくるでしょう。

そこで気になるのは今回の新環境で強デッキと呼べるものは何か?まだ環境自体が安定してはいませんが、それでもその片鱗を見せているデッキが二つ存在しています。今回はそれをご紹介しましょう。

新環境においてのランプドラゴンとアグロネクロの強さ!

ランプドラゴンがTier1入り⁉

――ランプドラゴン。前環境から、回復カードが多く追加されてはいたが、他のデッキと比べてあと一歩届かずといった印象があるデッキでした。しかし、今回の新環境から、追加された新カードのおかげで、なんとTier1、確定というべき強さを魅せつけてくれるようになりました。

まだ環境が安定していないから、一時的な強さかと思われるでしょう。ですが、おそらくTier1の強さは確保し続けるのではないでしょうか?それだけの強さが今のランプドラゴンにはあります!

そしてその強さを支えるカードについてご紹介しますね。

水竜神の巫女

f:id:za5a2b:20170402231601j:plain

前情報から、ランプドラゴンに必須となるカードと言われた水竜神の巫女です。

PPブースト、更には覚醒状態なら、リーダーの体力を回復してくれるので、後半になって腐りにくい優秀なカードです。今のランプドラゴンの強さは元々備わっていたカード自体のスタッツの高さ、そして高い回復能力にあるのだと僕は思います。

以前までの環境でも、後半になれば確かに回復能力に優れていました。ですが、アグロ環境でもあったので、その高い回復能力を活かす前に自身のリーダーの体力を削り切られてしまう……そんなことが頻繁にありました。

新環境でもアグロ系のデッキは苦手の部類に入りますが、それでも前環境ほどのものではないと個人的には思います。

風読みの少年ゼル

f:id:za5a2b:20170402231610j:plain

風読みの少年ゼルは「お前、ほんとうにシルバーかよ?」と疑いたくなるほどの性能を持っています。シャドウバースではよくあることですが、今回追加された新カードの中でも屈指の強さがあります。

「進化時、覚醒状態なら、自分の他フォロワー1体に疾走を持つ」

他のリーダーであれば、このカードはそこまで強いとは言えないカードです。しかし、PPブーストが可能なドラゴンにはこれとないほどによくかみ合ったカードと言えるでしょう。

このカードを活用するには中コス帯と組み合わせて使用すると一番いいのかもしれません。例えば「騎竜兵」とか相性が良いですね。

サハクィエル・イスラフィール・バハムート

f:id:za5a2b:20170402231617j:plain

もう、この三枚はドラゴンの為にあるようなカードだろ……そう思っているプレイヤーは僕以外にもいるはず。

そう思いたくなるほどに、このニュートラルカードたちはドラゴンと相性が良いです。とくにサハクィエルは今のランプドラゴンの超回復手段の主軸といえるカードです。イスラフィールも追加されたので、その回復に加速が掛かるでしょう。

バハムートは言わずもしれた、形勢逆転の一手のためのカードです。10コストは重いですが、ドラゴンであればそこまで気にするようなコストではありません。コストが重いには変わりがありませんけどね。

ライトニングブラスト

f:id:za5a2b:20170402231624j:plain

おそらく全体除去カードの中でも一番強い効果を持ったカードです。テミスの上位互換といえばいいのかな?エンハンス効果で使用した場合はフォロワー・アミュレットに限らず、相手の場にあるすべてのカードを消滅させる恐ろしい効果をもっています。

とくにこの消滅というのがポイント。テミスとは違い破壊では無いんですよね。ラストワードを主に使うネクロにとっては最悪のカードでしょうね。

アグロネクロが返り咲く!

f:id:za5a2b:20170402231751j:plain

そしてランプドラゴンに続いてアグロネクロもその強さに磨きがかかりました。アグロネクロはいま現在存在しているアグロデッキの中でもトップに位置する強さがあります。

なぜ、急激にといえるほど強くなったのか?それはとある新カードが実装されたおかげでした。たった一枚のカードが今のアグロネクロを形作っているのです。

骨の貴公子

f:id:za5a2b:20170402231634j:plain

このカードこそ、いまのアグロネクロの中でも相手にすると最悪のカードです。ファンファーレ効果で自分のフォロワーすべては「ラストワード スケルトン1体を出すを持つようになります。 ラストワードでたかだかスケルトン1体と侮ってはいけません。

この効果は恐ろしいところはフォロワーの場残りが良い点にあります。除去しても除去してもきりがなく、いつのまにか自分の体力が削り切られてしまうのです。わかりやすくいうと生み出されたスケルトンに骨の貴公子をもう一度出すことによって、そのスケルトンにラストワードを付与する。

たったこれだけでどんどん追い詰められていきます。そして、フォロワーが破壊されることによって自分のスタッツが強化される「リーパー」と組みあわせることで、自分の勝ちを盤石なものとします。

この2つのデッキが今の環境に多い

以上の2つのデッキが、今の新環境に君臨する強デッキです。その強さは評判を呼び、みんなが使っていくようになるので、現在のランクマッチではドラゴンとネクロで埋め尽くされています。ヴァンプもほどほどにいますが、あくまでほどほどですね。ウィッチは秘術か超越のどちらかですね。……ロイヤルはまったく見かけませんね。ガウェインがくれば或いは?

とまあ、このように「新環境では強デッキを使いたい!」そんな人にはこのランプドラゴンとアグロネクロがおすすめですよ。もう少し時間が経てば更なる強デッキが現れるかもしれませんね。結構楽しみです。

スポンサーリンク
-->