読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

ナイツクロニクルはリセマラ必須⁉キャラの厳選をしないと後々きつくなる!

ゲーム

f:id:za5a2b:20170315183901j:plain

ナイツクロニクルとは2017年3月2日に正式サービスが開始されたスマホゲーです。

そのナイツクロニクルについて何ですが、皆さんは…リセマラしましたか?スマホゲーでよく聞くリセマラですが、これを実際にやる人、やらない人と半々に分かれていると僕は思っています。

僕自身はリセマラとかは面倒なので、殆どやりません。ナイツクロニクルもリセマラをせずにプレイを開始しました。

……ですが、それは失敗だと僕は断言します。

「ナイツクロニクルはリセマラ必須!」

その理由について体験談を交えながら解説します!

リセマラが必須、その理由について

特定の強キャラがいないとイベント攻略が出来ない…

現在ナイツクロニクルは多数のイベントが開催されています。正式サービスが開始されて間もないのに、もうイベントが開催されているのは、素晴らしい事なんですが、問題はその難易度についてです。

その問題のイベントの名は―

「降臨ダンジョン:フレア」

いわば、高難易度クエストにあたるイベントです。イベント内容はダンジョンをクリアして入手できる「ピース」を集めて、それらすべてをそろえるとフレアというキャラクターを入手できます。

「高難易度イベントなんだから難しいのは当たり前じゃないのか?」

そう思われるかもしれません。しかし、はっきり言いましょう。このイベントはサービス開始されたばかりのゲームの難易度ではありません。

一斉に撃破しないと何度も蘇る雑魚敵。更には一度でも必殺技を撃たれるとこちらのメンバーを全滅させてしまう超強力な全体攻撃。

問題なのはたったこれだけなんですが、これらのせいでクリアが非常に難しいイベントになり果てています。とくに一撃で確実に全滅させてくる必殺技が辛すぎて言葉がでません。

そして当然、このイベント攻略するためには特定のキャラクターが必要になってきます。そしてどのようなキャラクターが必要になってくるのか?

・単体火力に優れたキャラクター。

・雑魚敵を一掃撃破するために全体攻撃が可能でさらに火力に優れたキャラクター。

・蘇生をこなせるキャラクター。

これらの能力を有しているキャラクターが必要になってきます。

「単体火力に優れたキャラ」だけであれば、問題は無かったのですが、残り二つはちょっと問題なんです。その理由についても語りますね。

フレア降臨の難易度に関しては本当にびっくりしました……。クリアできている人もいるけど、僕には無理でしたね。

 

同レア帯でもキャラによってガチャの排出率が異なる

f:id:za5a2b:20170315183923j:plain

先の何が問題かというと、同じレアリティであってもキャラによって排出率が非常に異なっているんです。その格差がひどすぎて、有能な能力を持っているキャラクターはとにかくでません。

このナイツクロニクルのガチャを巷では「動物園ガチャ」と呼ばれています。

人型のキャラクターは出づらく、動物型のキャラクターが多くガチャから排出されることからこの異名が名づけられました。

一応人型のキャラも出るのですが、出やすい人型キャラは正直言ってあまり強くありません。リセマラしているのであれば、大体はスルーするようなものばかりです。

そして入手しづらい人型のキャラクターは大部分が有能なものが多いです。だからこそ、リセマラによってひとりだけでも強いと呼べるキャラクターを入手したほうがいいですよ。

後から、ガチャを回しても本当にでませんから!冗談抜きで動物型のキャラしかでてきません。

なぜ闇ガチャと言われていたか納得した……

最初から楽をしたいならやはり、リセマラは必要!

f:id:za5a2b:20170315183938j:plain

最後に楽にプレイしていきたいなら、リセマラをやって強いキャラを入手しておきましょう。ストーリーを進めるだけなら強いキャラが居なくても問題はありませんが、イベントなどが始まるとそういってはいられません。

それでもどうしてもリセマラは面倒くさい!そんな人には「ジャックス」というキャラクターがオススメです。

このキャラクターは結構でやすい割には非常に強いキャラクターです!周回に連れてもよし、マルチに連れてもよしと、万能性を誇っており、ナイツクロニクルは「ジャックスを使用しておけば良し」なところがあります。

まあ、いろいろとイベントやガチャに対する文句が多い記事となってしまいましたが、ゲーム自体は作りが良いんですよ。

グラフィックはもちろん、昔ながらの「コマンドターン制バトル」などと、そのあたりがおすすめポイントですね。

しかし、なんというかいろいろともったいない作品だなあと感じたゲームではありました。

スポンサーリンク
-->