読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

Dies iraeのスマホアプリ『Dies irae PANTHEON』が今冬にて公開が決定された!ファンであれば見逃せない!

f:id:za5a2b:20170413220208j:plain

あの名作ADVゲーム、「Dies irae」のスマホゲームが今年の冬に公開予定が決定されました。

その名も「Dies irae PANTHEON(デェイス・イレ パンテオン)」

キャッチコピーは「その日、すべての神々が集う」

現在はテレビアニメ化も有志たちの支援金のおかげで決定し、そのアニメも2017年に夏以降に公開が予定されています。

そのうえでスマホゲームもとなると、何というか勢いを感じざる得ませんね。

ですが、実際問題どのようなゲームになるのか気になるところがありますよね?

Dies irae PANT HEON

そもそもDies iraeとは?

f:id:za5a2b:20170413220222j:plain

Dies iraeとは諏訪原市に住む一学生、「藤井蓮」が親友の「遊佐司狼」と殺し合いまがいの喧嘩をしたことを契機に自身の日常が壊されていきます。

彼、藤井蓮はそれでも自分の日常を守るために平静をよそいますが、そこに過去のドイツが生んだ魔人たち、「黒円卓」の騎士が彼を襲ってきます。これは命がけで自分の日常を守ろうとする藤井蓮と黒円卓の魔人たちとの戦いの物語です。

これは本当にハマりましたね。そしてこのゲームをプレイしたことによって、多くのプレイヤーが中二病を再発したのではないかと。

Dies iraeプレイヤーなら全詠唱を諳んじるのは基本ですよ?僕いまだにDies iraeの詠唱覚えてますもの。もちろん続編作の神咒神威神楽の詠唱もね。

開発元はスーパーアプリ

f:id:za5a2b:20170413220237j:plain

今回、「Dies irae PANT HEON」の開発を手掛けることになるのが、「スーパーアプリ」という会社です。これに、どこの会社かなと疑問に感じる方もいると思います。

いままで開発したアプリの中に「ストライクウィッチーズ軌跡の輪舞曲」や「ソードアート・オンライン エンドワールド」などがあります。このアプリは僕が知っていたものだけを抜粋しました。

当然他にも開発されたアプリはあったのですが、耳にしたこともないアプリばかりだったので、それらは抜きにしました。

そして僕目線による個人的な感想になりますが、「大丈夫なのかな?」と胸中に思い浮かんでしまいましたね。いや、何というか…全部のアプリを一通り目にして、まず思ったことがこれでした。

「このアプリをプレイしたい!」と思わせるものが僕としては無かったんですよ。そもそもアプリ自体が「ガラケー時代のモバゲーのゲーム」のような印象を抱きました。

ゲームのシナリオとイラストはもちろんあの二人が担当!

このゲーム、「Dies irae PANT HEON」のシナリオを担当するのはこのお二方。正田崇さんとGユウスケさん。これだけでもうシナリオとイラストに関してだけは期待ができますね。

スマホアプリで超大作なストーリーが展開されることが未来の予想図としてふつふつと頭の中に湧き上がってきますよ。実際はどうなるかはまだわかりませんが、それでもシナリオとイラストには十分に期待してもいいのではないかと。

どのようなゲームになるのか?

今年の冬に公開予定らしいのでまだまだ先になりますが、それでもどんなゲームになるのか、どんなゲームになってほしいのか、それらを考えることはできます。

僕の個人的な要望、願望では「FGO」のようなモーションアリのゲームだったらいいなと考えましたね。やっぱりゲーム内で動いてる姿を見ていたいじゃないですか。

アニメでも見ることになるでしょうけど、それはそれとしてゲームの中でも彼らが動く姿をこの目でしかと見届けたいんです。

ただ絵を貼り付けて、それを上下に動かして、打撃音や斬撃音などを付けて終わり!なんてちょっと寂しいじゃないですか。

スポンサーリンク
-->