読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

【FGO攻略】第四の扉:神は語らず、鯖・礼装星3以下縛り【復刻:監獄塔に復讐鬼は哭く】

復刻:監獄塔に復讐鬼は哭く、第四の扉『神は語らず』、サーヴァント・礼装3以下縛り攻略について解説します!

今回はちょっと厳しい戦いとなりました。wave2・3の敵のHPが高めに設定されていて火力の低さも相まって敵処理に手間取ってしまったんです。

それでもクリアは出来たので良しとしました。では、神は語らずの攻略について説明します。

第四の扉:神は語らず

自分のオススメPT・サーヴァント・礼装など、敵の編成、各waveの攻略情報を画像付きで紹介します。

編成ポイント

f:id:za5a2b:20170129073408j:plain

編成のポイントについて解説します。

前衛のメインアタッカーは呂布とスパルタクスとなっています。前の記事で語りましたが、狂クラスのサーヴァントは使いやすいですからね。編成に悩んだらメインサーヴァントを狂クラスのどれかにすれば大抵のクエストはどうにかなります。

それに今回は敵陣営にルーラークラスのジャンヌがいます。彼女を倒すために単体宝具を持っているサーヴァントをPTに組み込んだ方がクエスト攻略が楽になりますから、積極的に採用しましょう。

それと彼ら狂クラスのサーヴァントを守るためにゲオルギウスなどの守護スキルを持つサーヴァントもPTに必須です。入れない場合は狂クラスのサーヴァントは即戦闘不能になることが多いですから守護による介護必要なんです。

後衛にはwave2またはwave3の剣クラスの敵処理にアーラシュとビリーザキッドを採用しています。数ある弓クラスのサーヴァントの中で何故彼らを選んだ理由についてですが、彼ら二人はスキルにNP増加を持っています。宝具を少しでも早く使うためにNP増加スキルを持つサーヴァントは重宝します。

礼装は宝具を早く使用するために龍脈を装備。魔術礼装は魔術礼装・カルデアを装備させました。

クエスト攻略にオススメサーヴァント・礼装

f:id:za5a2b:20170129094350j:plainf:id:za5a2b:20170129094400j:plainf:id:za5a2b:20170129094409j:plainf:id:za5a2b:20170129094429j:plainf:id:za5a2b:20170129094438j:plainf:id:za5a2b:20170129094447j:plain

おすすめの配置

前衛は呂布・荊軻・ゲオルギウス

後衛はダビデ・マシュ

このサーヴァントたちのどれかをPTに組み込む場合はこの配置がベストです。

各wave攻略ポイント

waveごとの注意点について細かく解説していきます。

wave1攻略

f:id:za5a2b:20170129073415j:plain

ここの出現するフランス兵3体はHPが1万以下と低く対策するべきところはありません。ここのフランス兵は弱いので、NP貯めにも最適ですが、僕の編成だとその必要はありませんでした。

wave2攻略

f:id:za5a2b:20170129073423j:plain

wave2から本番です。ここからはマリーシャドウサーヴァント・フランス兵2体のHPはどれも高く処理に困るところ。攻略wikiなどではマリーを殺クラスのサーヴァントを使って一気に倒す戦法を推奨されています。その理由はマリーが持つスキル、『麗しの姫君』には無敵3回付与させる、相手にすると厄介なスキルを所持しているからです。

一撃処理しない場合はスキル連発が心配ですが、一度スキルを使用した後は再度使う様子が見当たりませんでした。おそらく連続でスキルを使用する確率が低いんだと思います。ちゃんと調整されていて安心しました。

耐久面では厄介な敵ではありますが、攻撃に関してはそこまで強敵とは言えません。シャドウサーヴァントでもありますから、宝具を使用されませんからね。

※シャドウサーヴァントはチャージが貯まっても宝具を使わず、エクストラアタックを使ってくる。

僕の編成で攻略

僕の編成で攻略したときは基本マリーを攻撃して、このwaveでスパルタクスの宝具を使用しました。フランス兵はチャージが貯まる前に処理。呂布またはスパルタクスが戦闘不能になりそうだったら、マスタースキルの緊急回避を使用します。

ゲオルギウスは間違いなくここのwaveで戦闘不能になります。そして控えのアーラシュがでてくるのですが……

予定ではwave3で宝具を使用するはずでしたが、マリーの攻撃であっさり戦闘不能になってしまいました。アーラシュの低HPが裏目に出てしまいましたね。それとゲオルギウスが思ったよりも早く戦闘不能になってしまったのもいけなかったです。

その後は運よく呂布とスパルタクスの両名に攻撃が行かずマリーを処理することが出来ました。

wave3攻略

f:id:za5a2b:20170129073437j:plainf:id:za5a2b:20170129073450j:plainf:id:za5a2b:20170129073457j:plain

最後の難関。とくにルーラーはバーサーカーとアヴェンジャー以外の攻撃ダメージを半減させる、非常に厄介なクラス。救いなのはどの敵も宝具が支援型のものであり、チャージが貯まっても回避などを使って相手の宝具に備える必要がありません。 しかし相手の敵PTはHPが高く長期戦になる覚悟を決めておきましょう。

このwaveでは『憤怒なき聖女』を最優先で処理します。その理由は狂クラスの二人が戦闘不能になる前に処理しておきたいからです。ビリーだけだと『憤怒なき聖女』は処理が困難となります。

と思っていたのですが、そういえばアヴェンジャーである巌窟王をプレイしていたときはすっかり忘れていました。なので、仮に呂布とスパルタクスが戦闘不能になったとしても控えにいる彼さえいれば、『憤怒なき聖女』は問題なく処理できると思います。

『憤怒なき聖女』さえ処理してしまえばあとは剣クラスの『聖女に仕えし騎士』と『フランス兵B』だけですから、ビリーでなんとかなります。

スパルタクスは強かった!

今回のMVPは間違いなくスパルタクスですね。驚くほどに戦闘不能になりませんでした。一度HPが1になってしまったのですが、宝具使用とスキルによって、ほぼ満タン近くHPが回復してしまいました。

スパルタクスのおかげwave3を乗り切ったと言っても過言ではありません。星1の狂クラスとは思えないほどの耐久力を発揮してくれました。

攻略感想

今回のクエストは本当にギリギリの戦いでした。それと巌窟王の出番がほとんどありませんでした。というよりもただの壁役としてしか機能していませんでした。

壁役としてしか巌窟王を使用していないので、その分達成感があって僕は満足です。でも反省点がちょっとありました。それはアーラシュを宝具を使わず戦闘不能にさせてしまったことです。これなら、アーラシュを入れずダビデあたりを採用すればもっと楽に勝利できたと思いました。

以上が第四の扉:神は語らず、鯖・礼装星3以下縛り攻略の解説でした。

スポンサーリンク
-->