ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

【シャドウバース攻略】低コストアグロヴァンパイア!安くて早くて強い!【バハムート降臨】

今、大人気のデッキの一つ、アグロヴァンパイア。このデッキはフリーマッチ・ランクマッチ問わず多くの人が使用しているデッキであります。その理由として、まず第一に挙げられるのは低コストで作れること。

僕たちが入手できるレッドエーテルは課金する場合を除いて限りがあります。そこでデッキ作成に最も重要なレッドエーテルの使いどころには皆さんもよく悩みますよね。僕のそのひとりですから。

だからこそ、低コストで作成可能なアグロヴァンパイアはとても魅力的。

そして第二の理由。それはアグロヴァンパイアがいわゆる強デッキの一つに数えられるからです。誰だって自分が使うデッキなら強くあってほしい…。その思いを否定できません。だからこそ、アグロヴァンパイアが多数のプレイヤーに好まれます。 おまけに一試合の時間が短く終わらすことが出来る速攻デッキですから、時間が無い人でも多くの試合を回すことが可能です。

アグロヴァンパイア

デッキ紹介

f:id:za5a2b:20170127174121j:plain

f:id:za5a2b:20170127174133j:plain

今回は二つのデッキを載せてみました。上画像はダークネス・エボルヴ時代に使用していたデッキで、下の画像が現在使用しているアグロヴァンパイアです。

見ての通り、デッキ内容はかなり変わっています。エボルヴ時代の時はテンポエルフは流行してましたから、エンバレ3積みは基本としてましたね。あとは展開型のデッキでもありますね。フォロワーを並べて、全体強化を基本とした戦法をとります。別に全体強化をしなくても勝てるようになっているデッキでもありますが。

そしてバハムート降臨パックのカードを採用した現在のデッキ。今はエンバレは全部抜いて、とにかく速攻で相手を倒すために1コスフォロワーを多く採用した形のデッキとなっています。ほかにも手札切れを少しでも緩和させるためにミニゴブリンメイジの採用などとかもありますね。それ以外にも吸血鬼の古城など手札で偶に腐りやすいカードを全て抜いた構成にもしています。

こう比較すると本当に変わってしまいましたね。ただ一つのパックが追加されるだけでデッキ内容がこんなにも変わるから、カードゲームはやめれない!

他にも基本絶対に入れるべきカード、レヴィオンデューク・ユリウス登場がアグロヴァンパイアの強さに拍車を掛けましたね。このカードが本当に強いですからね。最初このカードを見たときはカード効果を間違えたのではないか?と疑ったぐらいですから。

勝率について

残念ながら、アグロヴァンパイアはそんなに回していないので、それほど集計データが溜まっていません。エボルヴ時代に使っていたデッキはありますけどね。もうあまり意味を成しませんが記載しておきます。

エボルヴ時代:対戦回数50、勝率54%

まあ、ほどほどといった成績でしょうか?一応5割以上の勝率を齎しているので、及第点に入るデッキでした。今ではそんなに通用しないデッキだと思いますけどね。

マリガン

先行だと1・2コス、フォロワーのどちらかを確実に確保。3コス以上は全部返します。

アグロヴァンパイアは1・2コスフォロワーが来なかった場合は、ほぼ負けます。

それと僕が今使っているアグロヴァンパイアデッキなら、先攻または後攻共に1コスフォロワーを全力で探します。1ターン目から動くことを基本としたデッキ構成ですから。

アグロヴァンパイアはマリガンが簡単ですから、それほど悩むこともないでしょう。

デッキの相性

エルフの対策

f:id:za5a2b:20170127182216j:plain

エルフは以前の環境、エボルヴ時代でしたら、中々辛い戦いを強いられることがありましたが、現環境バハムート降臨以降からはさほど辛い敵とは言えないものとなりました。

とくにレヴィオンデューク・ユリウスの登場はエルフの展開力の抑止としてよく働くフォロワーとなっています。このフォロワーが先行2ターンでプレイできた場合はほぼ勝ちと呼ぶと人も多いです。それだけ、強いカードなんです。

それに今のエルフはOTKエルフが多いからよほどのことが無い限り負けることがありません。先行取って、手札事故が起きない限り勝ちだと思っていいです。

ロイヤルの対策

f:id:za5a2b:20170127182225j:plain

ロイヤル自体が今の環境では見ることが少なくなってしまったリーダーの一人です。対策をとる必要があまりないリーダーですが、あえて言うのであれば、オーレリアなどで守護止めをされないことを祈るだけです。

相手が守護でこちらの攻勢を止められないなら、高確率で勝利できるでしょう。旋風刃など全体除去カードがロイヤルに追加されましたが、正直なところこれを警戒する必要はありません。使われる前に勝てることが多いですからね。

ウィッチの対策

f:id:za5a2b:20170127182255j:plain

今やウィッチは使用者数がトップの座を君臨しているリーダー。前環境ではそこそこ話題に上がるリーダーではあったがあくまでそこそこ。しかし、現環境、バハムート降臨からは次元の魔女・ドロシーの追加によって、それを起点とした新たなテーマデッキがトップに位置するものとなり、その才気を現した。僕もお気に入りのリーダーとなりました。テンポウィッチはやっぱり強いよ。

対策についてですが、相手の手配次第なところがあります。そしてこちらがやることは簡単です。守りに入らないこと。これはアグロヴァンパイアを使う際の鉄則です。とくに展開力に優れているテンポウィッチ相手だと、こちらが少しでも除去に周れば、その物量に押しつぶされてしまいます。だから攻める、それだけです。

それと秘術ウィッチも結構使用者数が多くなりましたね。こちらが相手の場合はかなりきついです。秘術自体が全般的に強化されましたからね。少しでも試合が長引くとアグロヴァンパイアがほぼ負けます。攻めきれなかったら負けと覚えておきましょう。

ドラゴンの対策

f:id:za5a2b:20170127182311j:plain

今のドラゴンはランプドラゴンを使うプレイヤーが多いので守護止めまたは全体除去などされない限り負けません。とは言っても相手もアグロヴァンパイア対策のために低コストで使える全体除去を豊富にいれているので負けることも多いです。

例をあげると竜の翼、サラマンダーブレスなど。あとは回復カードなども追加されたけど、こちらの竜の闘気はアグロヴァンパイアが相手だと使う暇がほとんどないと思います。実際使われたことがあまりありませんからね。

ネクロマンサーの対策

f:id:za5a2b:20170127182325j:plain

ネクロマンサーも一時期ネフティスデッキが流行りましたけど、今はどうなんだろうか?ロイヤル同様にあまり見かけませんね。対策も守護止めされないよう祈ることぐらい。

全体除去カードも腐の嵐または新カードのバロールだけでしょうか。そもそもネフティス主軸としたデッキ自体がミッドレンジまたはコントロール寄りの構成となりますから、そこらあたりのデッキ構成なら、アグロヴァンパイアの方が勝てることが多いですね。

ヴァンパイアの対策

f:id:za5a2b:20170127182340j:plain

今のヴァンパイアはアグロまたはコントロールのどちらかです。アグロなら、先攻をとれた方が有利。コントロールなら、相手の体力が回復する前にリーダーのライフを削りきる。なんだか対策もクソもないですね。

ビショップの対策

f:id:za5a2b:20170127182352j:plain

ビショップと言えばセラフ。そう覚えておけばいいです。今のビショップは大体セラフビショップですからね。アグロヴァンパイアを使って有利か不利かと問われたら、有利でしょうね。

相手もエイラのように回復カードを多く積んでいるわけではないと思いますので。注意点があるとすれば、やはり全体除去カードぐらいでしょうか。新カードのエンシェントレオスピリットはアグロヴァンパイアのフォロワーを一斉除去できる効果を持っていますから、このカードだけは要注意。

アグロヴァンパイアの解説まとめ

正直な話を言いますと、アグロヴァンパイアで戦略とかは皆無に等しいです。とにかく殴る。これだけの脳筋デッキですから。意識することは守りに入らないこと。

殴る・守らない。これを鉄則としたカードプレイが要求されます。すっごく簡単だからこそ、みんなに慕われるデッキともいえます。僕のような頭が悪い人間でも楽なカードプレイスキルで勝利を積み重ねることが可能ですからね。

まあ、中にはアグロヴァンパイア使っていて楽しいの?と思われる人も多いようですが、飽きたら別のデッキを使ってリフレッシュすればいいだけですから、問題なしです。

もしこれからシャドウバースをプレイしようと思っている人はアグロヴァンパイアを最初に作ってしまったほうが後々楽ですよ。次はテンポウィッチかな?テンポウィッチも低コストとまでは言いませんが、レジェンド採用デッキの中では生産コストが安く済みます。

それではアグロヴァンパイアの解説は以上となります。

スポンサーリンク
-->