読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

【FGO攻略】復刻:監獄塔に復讐鬼は哭く【第二の扉:煉獄の悪魔、鯖・礼装星3以下縛り】

復刻:監獄塔に復讐鬼は哭くの第二の扉『煉獄の悪魔』、サーヴァント・礼装星3以下縛り攻略についてお教えします!

今回は第一の扉、黒髪鬼のように一発クリアという風には残念ながら行きませんでした。やはり少し難易度が上がっている印象がありますね。

それでは煉獄の悪魔攻略について解説していきます。

第二の扉:煉獄の悪魔

編成ポイント

f:id:za5a2b:20170126183935j:plain

編成のポイントについてですが、今回もアタッカーをバーサーカーを基本とした構成としています。

やはり、バーサーカーをメインアタッカーに据えた編成は扱いやすいんですよね。とくに今回のような相手の敵クラス構成が混合だと攻撃面で相性有利が取れるバーサーカーにしたほうが攻略面において何かと都合が良いです。

その分被ダメージを負わないよう気を付ける必要があるのは欠点ですが、さほど気にはなりません。しかし、僕のメインアタッカーである呂布が戦闘不能になって前衛を離脱した場合は、撤退不可避となりますが、その点は仕方がありませんね。

呂布が戦闘不能になったら、wave3の『色欲の具現』の処理がむずかしくなりますから。

サーヴァントに装備させる礼装は安定の龍脈。魔術礼装は魔術協会制服にしてあります。何故その装備にしたのかは過去記事のほうで理由は説明してあります。

www.gamedouraku.com

各waveの攻略ポイント

wave1攻略

f:id:za5a2b:20170126183952j:plain

このbattleでは攻撃力の高いキメラが2体。いきなり注意する必要があります。ここで呂布とスパルタクスのバーサーカー二人にダメージを負わないように守護騎士を使いたいところですが、ここでは使いません。

呂布とスパルタクスは自分たちが持つスキルだけでこのwaveは乗り切りましょう。何故守護騎士を使わないかというと次のwaveにいる敵『煉獄の尖兵』処理のためにゲオルギウスが必要不可欠だからです。

そのためwave1から守護騎士を使い、更に相性不利の殺キメラが相手だと守護役にしてアタッカーでもあるゲオルギウスが戦闘不能になる確率が高くなるので、タゲは取りません。

ですから、ここはお祈りポイントになります。呂布とスパルタクスが戦闘不能にならないようただ祈ります。正直キメラの攻撃が高くてスパルタクスなどはクリティカル攻撃を食らえば一撃で戦闘不能になる場合があります。というかなりました。

本当にバーサーカークラスは攻撃面では優秀ですが、防御面は貧弱です。

wave2攻略

f:id:za5a2b:20170126184004j:plain

ここはゲオルギウスが生存していたら苦戦する要素がありません。wave2が開始したら、守護騎士を使って全面的に相手の攻撃を引き受けます。

注意点は守護騎士が切れたときですね。守護騎士が切れてるターンは呂布とスパルタクスにも『煉獄の尖兵』の攻撃が向かう場合があります。もしどちらかにその攻撃が向かって戦闘不能になったら、タスクキルなどを使って対処する必要があります。

そしてアプリを再起動したら、誰でも良いのでスキルを使いましょう。これで敵の攻撃乱数を変えます。スキルを使わないと再度、敵は同じ相手を攻撃してきますから。

※スキルを使用せず、選んだカードを変えるだけでも相手の行動が変わるときがありました。理由は不明。

wave3攻略

f:id:za5a2b:20170126184019j:plain

f:id:za5a2b:20170126184031j:plain

f:id:za5a2b:20170126184039j:plain

ここで注意する点はもちろん、『色欲の具現』と『ホワイトキメラ』です。

とくにホワイトキメラの攻撃力は非常に高く、なるべく相手にターンを回さず処理しておきたいところ。色欲の具現も馬鹿にできない火力を持っているのでどちらも注意が必要です。

更に色欲の具現は回避スキルを持っているのが難点。僕の場合ですが、4ターン中に2回、回避スキルを使用してきました。非常に困りましたね、これは。

僕がやった処理方法についてですが、まずゲオルギウスの守護騎士を使い、彼には早々戦線離脱させます。次に呂布の宝具を使い、色欲の具現のHPを削っておきます。大体5~6万ぐらいの体力を削れると思います。

相手のターンに回ると色欲の具現は回避スキルを使ってくる場合があります。たぶんこれは、相手のHPが大幅に削れると使ってくるんだと思いますよ。何度か挑戦しましたが、似たようなことが多々とありました。

次にやることは前衛を離脱したゲオルギウスがアーラシュと入れ替わった場合の話。

アーラシュが前衛に出たら、自分のスキルと魔術協会制服のスキルと使い宝具使用可能状態まで持っていきます。そしてスパルタクスとアーラシュの宝具をチェインさせて使います。

これでホワイトキメラは確実に処理が出来ます。残るは色欲の具現のみ。この段階になればほぼ勝利は確定です。仮に前衛メンバーが色欲の具現によって倒されたとしても後衛には俵藤太が残っているので安心です。あとアヴェンジャーですね。

攻略感想

以上が第二の扉:煉獄の悪魔、鯖・礼装星3以下縛り攻略についてでした。やってみると意外と楽しいプレイですよ、これは。普段はあまり使わないサーヴァントなどを使ったりすることが出来ますから。

そう言う僕ですが、見ての通りバサカPTという脳筋ですけどね。

スポンサーリンク
-->