読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

【シャドウバース攻略】AA帯で7連勝中!ミッドレンジロイヤル【バハムート降臨】

f:id:za5a2b:20170108190534j:plain

前環境と比べて、めっきり姿が見えなくなってしまったミッドレンジロイヤル。ドロシーテンポウィッチ、アグロヴァンパイアが多い現環境では仕方がありませんが、それでもミッドレンジロイヤルデッキは強いです。

ちょっと環境に合っていないだけです。

そんなミッドレンジロイヤルも少しだけ一工夫すればちゃんと現環境でも戦えるデッキへと変化させることも出来ます!そんなデッキを今回はご紹介します。

とは言っても、僕自身は考案したものではなく、動画で公開されたレシピに僕が少しだけアレンジを加えたデッキとなっています。 現在、このデッキはAA2帯で7連勝中ですから、中々調子が良いです。あまり見ないタイプのデッキでもありますから、結構面白いですよ。

速攻型ミッドレンジロイヤル

f:id:za5a2b:20170108190709j:plain

こちらがそのデッキとなります。デッキは乙姫を抜いた疾走寄りのデッキタイプですね。

あまり見かけない2コスのクノイチエッグと3コスに御言葉の天使スウィフトペネトレーターを採用しています。

クノイチエッグはエルフが多かった前環境では使いにくいフォロワーでした。理由はエルフで多く採用されているメイの効果ダメージがランダムダメージなので、潜伏が意味をなさないからです。しかし、今の環境だとメイによる除去がほぼ無いので、場に出しても処理されづらいです。エルフが少なくなりましたからね。

御言葉の採用も結構珍しいほうだと思っています。あまり見かけませんが、使ってみると多方面に幅が効く優秀なフォロワーです。相手のフォロワーを除去してもよし、またはリーダーに直接ダメージ良しですからね。

効果ダメージは1と少ないですが、体力残り1のフォロワーとか意外と多いですからね。

スウィフトペネトレーターの潜伏効果は何だかんだで便利。これはクノイチエッグも同様です。この潜伏のおかげで、ランダムまたは全体ダメージが来ない限り除去されず、生き残り、相手にダメージを入れることができますから。

デッキの回し方について

デッキの回し方は従来のミッドレンジロイヤルとさほど変わりがありません。先攻なら、序盤は顔殴り。後攻なら、序盤はフォロワー処理に走る。しかし、現環境の大部分を示すドロシ―テンポウィッチとアグロヴァンパイアが相手だとこちらが除去に回ることが多いです。

まあ、あちらの方が展開力があり、早いので、これに関しては仕方がありません。もし相手をするときは渾身の一振り、御言葉の天使、ブリッツランサーなどを使って除去していきます。

とくにブリッツランサーはロイヤルにとって厄介なレヴィオンデューク・ユリウスを取ることができる利点を持っています。 ユリウスは本当に厄介ですよね。この効果で体力3ってあほですか?渾身の一振りでも処理できませんからねー。あとウィッチの神秘の探求者・クラークも処理できますから、本当に重宝します。

体力が3のフォロワーは面倒くさい。

このデッキで重宝するダメージソースはクノイチエッグ、ノーヴィストルーパー、レヴィオンセイバー・アルベールです。とくにアルベールがね、本当に強いです。除去に周ると勝負が長引くことが多々とありますが、PP9以上ならば最低6点を一人で削ることができますので。

デッキの問題点

このデッキだと大型フォロワーなどを出されると非常に厳しいです。処理できるカードがツバキしかいませんから。だから、後半大型フォロワーを出して攻めていくデッキが相手だと、出される前に勝負をつける必要があります。ツバキを引けるとは思わないほうが良いでしょう。

引けたら運が良かった、そのぐらいの認識で。

あとは相手のフォロワーが横に展開しきると対処が難しい。相手の攻撃を止める大型守護フォロワーとかいませんし、全体除去カードをありませんから。以前は旋風刃を入れていましたが、このカードを使う前に負けることが多くて抜きました。

その代わりにブリッツランサーを入れたら、勝率が安定するようになりました。本当ブリッツランサーは素晴らしい。3枚にしてもいいかもしれません。スウィフトペネトレーターを1枚抜いて。今のところはこのデッキで安定しているので僕自身はまだデッキ内容を変えるつもりはありませんが。

最後に

ほかのミッドレンジロイヤルを見たい方はこちらの記事をどうぞ。

vanpyicute.hatenablog.com

スポンサーリンク
-->