読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

【FGO攻略】冠位時間神殿ソロモン アバンタイトル【ネタバレ】

FGO FGO-冠位時間神殿ソロモン

f:id:za5a2b:20161223215440j:plain

皆がお待ちかねの冠位時間神殿ソロモンが遂に開催されましたね。すぐにゲームプレイ、したいところですが、まずはガチャですよ!

あのマーリンが実装されたのだから、引かずにはいられない!運営からの石とフリークエストを攻略してかき集めた30連分でガチャに挑みました。

——結果は、サーヴァントはマルタが1枚、礼装は優雅たれ、鋼の鍛錬、恋知らぬ令嬢、原始呪術が各1枚ずつでした。うーん、まあ星4サーヴァントが出ただけましと考えましょうか。

しかし、本当に期間限定が多いなあ。マーリンはストーリーの主要人物なんだから、恒常サーヴァントにしてくれてもよかったのではないかと運営に問いたい。マーリンが期間限定なら、グランドハサンもおそらく期間限定ですよね、来年に実装されるのかな。

まあ、それは置いておいて、冠位時間神殿ソロモンのプロローグを紹介しますか!

マリスビリーとキャスター

f:id:za5a2b:20161223214642j:plain

マリスビリー、その名を聞いたのは久しぶりです。どうやら、彼とキャスターは聖杯戦争を勝ち抜いて勝利者となったようです。キャスターで勝ち抜くのってかなりすごいことですよね?原作でもキャスターは辛いと表現されていましたから。

そもそもマリスビリーは第何次聖杯戦争に参加したのだろうか?

キャスターのモノローグを見ると冬木の聖杯戦争と書かれているし、マリスビリーが参加できる聖杯戦争は第六次くらいかな?しかもマリスビリーは物語が開始する3年前に亡くなっている。3年前は2013年、ちょうど第六次聖杯戦争に参加できる年ですね。

もしかしてマリスビリーは聖杯戦争に勝ち抜いた後、キャスターに処理された?

f:id:za5a2b:20161223214657j:plain

そして聖杯戦争の勝利者となったマリスビリーが聖杯に願うことは『カルデアスの完成』

カルデアスを完成させるには資金が足りないから、聖杯に叶えてほしい願いの中で一番真っ当な願いですねー。マリスビリーのセリフに「聖杯戦争はセイバーとそのマスターが勝利した事にすればいい」とありますが、最優のセイバーが勝利したことにすれば隠ぺいもある程度楽と判断したのでしょうか?

マリスビリーは聖杯戦争に勝利した暁にはマスターとそのサーヴァントに願いを叶える権利があると言います。

マリスビリーは『カルデアスの完成』ならばキャスターの願いとは?

「我が契約者にして唯一の友、キャスター、いや、魔術の王ソロモンよ。君に願いであれば、それは正しいものの筈だ。堂々と願えばいい。」

そしてマリスビリーこのセリフである。使役していたサーヴァントはソロモンだったか。なんとなく予想はついていたが。どのくらい凄いんだろうね。サーヴァントとしてのソロモンは。僕たちが知っているのはあくまでグランドとしてソロモンだから、性能にはもちろん差があるからね。

Dr,ロマンの10年

f:id:za5a2b:20161223214710j:plain

ここで場面が切り替わってDr.ロマンの目線となる。ここでロマン目線になるのは何だか意味深です。マリスビリーとの会話もソロモン目線での語り合いでしたから。元々ロマンとソロモンは何がしかの関わり合いがあるとユーザーの間で騒がれていましたし、Dr.ロマンも人理焼却はソロモンが行っていると聞いたときはやけに狼狽しましたからね。

f:id:za5a2b:20161223214726j:plain

これはフォウくんとの会話シーンですが、「やっぱり何を言っているかてんで分からない。昔はそれなりに分かったのかな。わかったんだろうなあ。」とありますが、Dr.ロマン自身にも何がしかの変化が起きている?昔とはどのくらい昔なのか?ロマンは10年ほど前から人類の終わりを予感していたらしい。

その予感に従い10年間ただひたすら努力していた。人類を守るためにと。ただの予感でよくそこまで出来るものだなあ。

10年前となると2006年か。なにかあったかな?『Fate/stay night』のアニメが放送されたぐらいかな?まったく関係ないね。

マシュの夢そしてソロモン

f:id:za5a2b:20161223214735j:plain

「死から解放された、命の虚しさから解放された。オレたちは今、この上ない幸福にいる。」

「命に限りなく、世界に果てはなく、明日に衰えはない。私たちはやっと、永遠にたどり着いたのよ。」

これはソロモンがマシュに見せている夢の一部。死からの解放とは不老不死のことかな?永遠という言葉もついているし。

しかし、ソロモンって人理焼却を目指しているはず。何だろうね、ソロモンの願いがよく分からない。

第七章みたいに新しい人類を作ろうとしているのかな。何だかそれっぽい感じがする。今の人間たちは欠陥品だから、今度こそ、完成品を作り上げる!みたいな?そのためにまずは人理を焼却しなくちゃ。

ソロモンは何故か作られた命であるマシュの事を気に掛けているからね。それを含めるとやっぱ新人類作成が目的…かな。

もしソロモンが新人類を作ろうとしているのであれば、どのような人間を作ろうとしているのだろうね。

限りある命だからこそ、争いが起きる。ならば永遠を形にすれば争いもしないだろうと。そんな考え?

全部憶測ですけどね。

マシュの寿命と最後のグランドオーダー

f:id:za5a2b:20161223214749j:plain

目覚めた主人公にダ・ヴィンチちゃんがマシュの寿命について説明する。

残り余命はあとわずか、長期の作戦に参加できるのはあと1回ほど。

大事なことだから早めに告げるダ・ヴィンチちゃんなりの気遣いだろうか。マシュも戦いが自身の活動限界を早める行為だとしても主人公と共に戦うと決意しているみたいだし、なんかここら辺の話は辛い……。

それにしてもFGOは第二部もやるらしいから、マシュ関係の話はどうなるのだろうか?生きるのか、それとも亡くなるのか。

僕が妄想したのはマシュ自身がサーヴァントになるとかですかね。サーヴァントの条件として生前偉業を成したなどがあるから、マシュは充分条件に当てはまりますよね。一番いいのは生き残ることだけど、さてどうなるやら。

個人的にはハッピーエンドが好きだし。出来ればバッドっぽいのは勘弁願いたい。

f:id:za5a2b:20161223214811j:plain

そして最後の作戦説明!内容は簡単!

道中、周囲の施設を破壊する。すると魔力供給が途切れて扉が開く、魔術王の玉座へ突入。魔術王撃破!撃破したらダンジョンが崩壊するから走って逃げてね!以上。

この上なくわかりやすい説明です。それにラスボスを倒したら、ダンジョンが崩壊するのはRPGの定番だから仕方ないね。でもダンジョン崩壊中に主人公を守るため、マシュが身を犠牲にするENDは勘弁な!

以上アバンタイトルの感想でした。

哀れな魔神柱たち

f:id:za5a2b:20161223215023j:plain

あと僕たちがやることは魔神柱処理ですが、討伐スピード早すぎ!

こんなんだから、ソロモンがネタにされるんですよ。昨日のメンテ延長は「ソロモン最後の足掻き」、「ソロモン必死の抵抗」などと言われてましたから。

それと規定量の撃破数を達成すると呼符がもらえるようですよ。マーリンを引けなかった人は再度チャレンジできますね(白目)!

追記:最も感動した章はこちら!

vanpyicute.hatenablog.com

スポンサーリンク
-->