読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

【FGO攻略】サンタ復刻イベント第3夜:酔いどれ荊軻ちゃんが可愛い!

FGO FGO-ほぼ週間 サンタオルタさん

では早速第3夜のクエストへと突撃してみましょうか。しかし、意外とストーリーの内容を覚えているもんなんですね。プレイしていくうちに「あぁ……こんなストーリーだった」って思い返します。これは覚えているうちの範疇に入るのかな?でもこういうのはよくありますよね!

ハートブレイク☆ケーカちゃん

f:id:za5a2b:20161118231135j:plain

プレゼントをお届けする今回のお相手はケーカちゃん。そして暗殺業の生業をしているから住所不定。安住の地はあらず、逃亡の日々……なんかひとりだけ背景が重くないですか?それにサンタさんって住所がわからなくてもプレゼントを届けてくれるんだ……さすがサンタオルタ。

f:id:za5a2b:20161118231150j:plain

肉を叩き付ける音、殴打で察しました。あなたですよね、武闘派聖女さん。 なんでマルタさんは拳はどうのこうのと言われていたのだろうかと少し調べてみたんですが、杖を持つ前には拳で竜種を倒していたらしいですよ(白目)。あれ?竜種って最強の幻想種じゃなかったっけ……僕の勘違いでしたか。

だからこそ、プレイヤーから当時こんな声が上がっていました。

「杖を捨ててください」

「拳を使って戦って」

などとこのような声がね。そんな声もあってか今年の夏ごろに拳が解禁されたルーラーマルタさんが登場しました。 皆さんは入手することが出来ましたか?僕は出来ませんでした、残念。どんなに欲しくても運が向いていなければ潔く撤退がガチャの鉄則ですから。

f:id:za5a2b:20161118231207j:plain

他にも牛若丸。首ではなく心臓が欲しいのはわかりますが、心臓が欲しいってのも充分猟奇的です。でも可愛いんだよなあ、牛若丸は。気に入ってるサーヴァントの一人です。

f:id:za5a2b:20161118231242j:plain

そして最後の鳥はもちろんケーカちゃん、酔っ払いバージョン!しかし、荊軻の酔っ払いボイスってどんな感じなのだろうか? 普段のボイスはなんというか渋い?または低音ボイスと言えばいいんですかね、どうにもあの声から甘えた感じの声質が想像しづらい……でも可愛い。

f:id:za5a2b:20161118231356j:plain

お約束の展開。サンタオルタ以外にもいるサンタ。どうやらいたるところで恨みを買っているらしいがいったい誰なんだー(棒読み)

戦闘パート

f:id:za5a2b:20161118231524j:plain

はい、いつも通り弱いです。苦戦する要素なし、おそらく高レべのフレンド鯖だけでもクリアできるでしょう。

f:id:za5a2b:20161118231641j:plain

同じく弱い……やっぱ難易度は低いですね。新規でも問題なくクリアできる。でも新規なら、鯖自体がそろっていないことが多いから、なるべく編成は殺鯖を中心としてあとは、クーフーリンのような回避スキルに優れた鯖を編成に組み込んだ方がいいかも。入れないほうが良いクラスは騎鯖です。相性不利の殺クラスの敵がいますから。追記すると編成も無理してイベントボーナスが付与される鯖を組み込まない、これですね。

f:id:za5a2b:20161118231833j:plain

ラスト、へべれけ荊軻ちゃん。この子だけはユニークスキル持ちです。スキル名はへべれけパワー、効果は宝具ゲージを1ターンで貯めることが出来るので即宝具を使用できます。

当時はこのスキルをうちの荊軻ちゃんにくださいコメントが掲示板でよく書き込まれていたなあ。こちら側でこのスキルが使えたなら、NPゲージ100%にする効果だと思うし、僕もこのスキルが欲しかった。

敵としての強さはHPが低いから強敵ではありません。このときの僕は宝具を使用して終わらせました。たとえスキルを使われたとしても荊軻が宝具を使用して一人、戦闘不能になるだけなので問題なし。

以上が戦闘パートになります。

戦闘も終わってサンタオルタが皆を騙した悪辣サンタではないと理解。そんな三人にサンタオルタがみんなにプレゼントを配布。

牛若丸には【そして船が征く】

マルタには【鋼の鍛錬】、これはもうオルタさん狙ってやってますね。

そして最後のケーカちゃんのプレゼントは……

f:id:za5a2b:20161118233433j:plain

優・雅・た・れ

ケーカちゃんいわく暗殺したい顔らしいです。胸にキュンと来たみたいで、この礼装を渡されたら早速このおじさんを暗殺しに行きました。もうなんかネタ枠ですよね、時臣氏は。

これにて第3夜は終了!

スポンサーリンク
-->