読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

【シャドウバース攻略】疾走ビショップ:低コストデッキ紹介

shadowverse

疾走ビショップはいま流行りのデッキのひとつであり、加えて低コストで作れるから多くの人が利用しています。

僕はスタンダート時代ではビショップには全く触れておらず、エボルヴで追加されたカードによって、このデッキが強いと評判で聞いたのを切っ掛けにビショップで初めて作ったデッキでもあります。

触れた当初はその強さに感動しましたね。勝率が異様に高かったですし、このデッキでA3から昇格戦まで駆け上がりましたから。

そしてこの疾走ビショップの強さを支えているカードがやはりエボルヴで登場した二つのカード。

獣姫の呼び声と天空の守護者・ガルラ

f:id:za5a2b:20161110192000p:plain

・獣姫の呼び声

カウントダウンは3ですが、2コストと軽く、そして出てくるフォロワーが2/1の疾走と4/4のスタッツを保有しているので弱いわけがありません。

おまけに3T目で気高き教理を使えばこのフォロワーたちが序盤で出てくるのでやられる側としてため息しか出ないでしょう。

いまの疾走ビショップには必須カードの一つとなっています。

f:id:za5a2b:20161110192347p:plain

・天空の守護者・ガルラ

このカードも凄まじい性能ですよね。エボルヴがまだ配信されていない段階でもガルラは強カードの一つとして数えられていました。

効果は御覧の通り。

気高き教理の上位版とデモンストライクを内蔵したフォロワーとみればその強さは一目瞭然。

しかもこれで6コストなのが驚きの一言。

正直なところ、バランスを間違えているカードなのではないかと疑問に上がるほどです。

簡単な紹介でしたが、これらのカードのおかげで今や疾走ビショップはtier1のデッキとして名を上げることが出来るようになりました。

そしてそんな疾走ビショップの低コストデッキをご紹介したと思います。

f:id:za5a2b:20161110193336p:plain

低コスト疾走ビショップ

低コストで作れる疾走ビショップなだけは合ってレジェンドが一枚も含まれていません。

生成コストも7400と非常にお得。

こんなに安いのに、強いのだから流行るのも当然ですね。

デッキ自体はそんなに他の疾走ビショップと変わらないのではないかと。

エンジェルバレッジが3積みになっているのはエルフとアグロヴァンパイアへの対策です。

カード採用理由について

〚エンジェルバレッジ〛

・エルフはエンシェントエルフのバウンスとティアの再利用を防ぐために採用。

・アグロヴァンパイアはあの攻撃速度に対応できないことが多いため、その攻撃を防ぐために採用、攻撃の主役となる蝙蝠も体力1なためエンジェルバレッジが刺さる。

〚テミスの審判〛

テミスの審判は疾走ビショップには不要という案もありますが、今の疾走ビショップでは早期決着をつけることが出来るの稀であり、試合が長引きやすい。 そのため、こちらが押し込まれてしまうときの対策のために盤面をリセットできるテミスを採用。テミスの効果もフォロワーに対してだけに発動するので、アミュレットと相性が良い。

〚ウルズ〛

このカードは疾走ビショップと相性が良いのもそうですが、相手フォロワーに対しても使用できるのは中々素晴らしい効果だと思います。 とくに強化されたエンシェントエルフなどを元のスタッツに戻すことが出来る点が何よりも良い。

〚ギルガメッシュ〛

ギルガメッシュは最後の詰めとして採用しました。あともう少し足りないというときのギルガメッシュの頼もしさ。 それにこのデッキはデモンストライクのようなカードを入れていないので、デッキ自体のパワーが少し、他の疾走ビショップよりも劣っています。それを少しでも補うためにも採用しました。

軽くではありますが、デッキ紹介でした。

それとたまに悪行おじさんはいらないという声があるのですが、どうなんでしょうか、それは。 悪行とスレッジを入れ替えたみたいです。

ぼくはやっぱ悪行おじさんの方が使いやすいと感じるんですけどね。要らない理由も後半悪行は腐るから抜くらしいですが、それってスレッジもですよね?

どういうことなんだろうか……

スポンサーリンク
-->