ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

【シャドウバース攻略】コントロールヴァンパイア:デッキ紹介【ダークネス・エボルヴ】

試行錯誤を重ねていたエボルヴ時代のコントロールヴァンパイア。コントロールヴァンパイアのデッキ構築には本当に悩まされました。サイト巡り、動画などを視聴してデッキ調整を続けて、僕のコントロールヴァンパイアは完成の形となりました。完成したコントロールヴァンパイアと今まで作成してきたコントロールヴァンパイアを一挙紹介します!

旧コントロールヴァンパイア

f:id:za5a2b:20170128113618j:plainf:id:za5a2b:20170128113628j:plain

調整中のデッキも含めたコントロールヴァンパイアがこちらとなります。これらのデッキがコントロールヴァンパイアが完成するまでに使ってきたデッキとなっています。

一番初めのデッキはコントロールヴァンパイアでありながら、守護が少なく、アグロ系統のデッキには勝率が悪いデッキでした。しかし2番目からはゴブリンマウントデーモンを採用することによって、アグロの攻めに少しでも耐えれる構成となっています。

他にも1コスは完全に抜いて、別のカードを採用することによってコントロールの強さを強化するような形をとっています。 そして鮮血の口づけなども採用しています。フォロワー処理をしながら、回復も兼ねることが可能なので重宝するカードです。

回復カードはディアボリックドレインだけで充分かと思われるかもしれませんが、アグロの攻めは凄まじいですからね。ちょっとこれだけでは足りないと思いました。

そしてそれからも調整を重ねて完成したコントロールヴァンパイアがこちらとなります。

完成したコントロールヴァンパイア

勝敗に右往左往していたコントロールヴァンパイア……そのデッキがやっと完成にいたりました。

アグロ対策にはどうすればいいのか、エルフの対策は?などと常に悩まされてきましたが、取りあえずこのデッキで当分はランクマッチに挑みたいと思います。

ではデッキ紹介をいたします。

f:id:za5a2b:20161108223257p:plain

こちらが僕の新生昆布デッキとなります!

採用理由は?

以前との違いはゴブリンマウントデーモン1枚増加、それとダークジェネラルを採用しました。

抜けたカードはエリニュスが1枚とワードローブレイダーですね。

エリニュスを1枚抜いた理由はゴブリンマウントデーモンが少しでも手札に来る確率を上げるためにです。

本当は抜きたくはなかったのですが……可愛いからね、エリニュス。

もっと私を嫌って、憎んで!   このセリフが僕は好きです。

しかし、勝敗を重視した僕は彼女を抜きました……済まぬ。

ワードローブレイダーをダークジェネラルに変えた理由はですね、後半腐りやすいんですよ、ワードロって。

それがどうにも嫌でした。それなら、後半ですっごい仕事をしてくれるジェネラルを採用をしたほうがいいかなと結論に達しました。

ほかにも2枚採用なので、来てほしい時に来てくれないときが多かったです。

それにまだダークジェネラルを採用するメリットがあるんですよ。

セリフがかっこいい

我が胸に燃ゆる怒りを、力に変えて!

shadowverseを始めたころからこのセリフはお気に入りの一つです。

いつかshadowverseにもカードごとにセリフが聞ける機能とかつけてほしいですね。

正直なところエンジェルバレッジを採用したかったです。

ですが、どれを抜けばいいのか……それが判断できませんでした。

抜くカードとしての候補が鮮血の口づけあたりでしょうが、これはあまり抜きたくないんですよね。

これ、ほんと便利なんですよ。汎用性が高い除去カードだからね。

エンジェルバレッジを入れる理由もエルフ対策の為に採用したかったのですが、どうしたものか。

でもエルフ以外に繁殖しているビショップには腐りやすいカードだから、そういった意味では採用したくはないカードでもあります。

しかも今のビショップって、疾走よりもエイラセラフが多くありませんか?

なんだか疾走ビショップの数が少なくなったような気がするんですが、僕の勘違いでしょうか?

そういった理由があるから、採用の可否が難しいカードです。

一応ヴァンパイアには黙示禄という範囲スペルカードがありますから。

デモンストームの方を採用している人もいますけど。

おそらく復讐止めするひとが多いからデモンストームの採用なのでしょうけど。

あれ、地味にきついですよね。

とくに相手フォロワーが多く展開した状態で11止めってほとんどリタイア案件です。とくにエルフ。

手持ちに自傷が出来るカードが無い限り。

だからヴァンパイアの貴重な自傷スペルは手札で温存したほうが良いと思います。

カード採用の可否についてはついてはいじょうとなります。

個人的に興味があるカード

あの必ず復讐圏内に入れてくれるソウルディーラーとか結構興味があるんですけど、あのカードは扱いが難しそうですね。

たしかに復讐圏内に入れてくれるのは助かりますが、だからと言って無暗に体力を削るのは……ね。

あのカードのスタッツが攻撃と体力が逆なら、採用したかもしれませんけど。

そうしたら、かなり優秀な守護になりますよ。

ブラッディメアリーとのコンボにも使えるようなのですが、実際の使い心地を知りたいところです。

僕はディーラー持っていないので、それが出来ません。

そのために生成するのもちょっとね。それなら、骸の王を生成したいですね、ぼくは。

なにか面白いカードの使い方とか発掘してみたいです。

スポンサーリンク
-->