読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

【シャドウバース攻略】先攻・後攻で気を付けることとは?

f:id:za5a2b:20161107165037p:plain

shadowverseの先攻と後攻では進化権を行使できる回数とドロー枚数が異なります。 これは、誰でも知っていることですね。 そこで、先攻と後攻ではどういった対処を相手にしていくのか?

僕がやっていることですが、それをご紹介したいと思います。

先攻と後攻の対処の違い

先攻

先攻ではドロー枚数が後攻より1枚少ないです。 なので、手札事故が起こりやすく、なるべく事故を回避するために2コスまたは3コスフォロワーはマリガンで確保したいところです。

PP2・3で行動できないのは非常に痛いです。進化権も後攻より1回少ないので、先攻を取ったらなるべくせめて行きたいです。

先攻を取ったときはPP4で進化権を使うことが出来ないのは皆さんも承知していますよね。

しかし、相手のターンでは進化権を行使することが出来るので要注意。 PP4では相手の場にフォロワーを残すのはやめておきましょう。

自分のフォロワーはどうせ相手の進化ターンで処理されるので、構わず使い捨てます。

ここで処理しないと進化フォロワー以外に別のフォロワーが居ることになるので、よくない展開となります。

ですが、アグロ系のデッキで場のフォロワーを多く並べて居たら話は別です。相手のフォロワーを処理せずとも勝てそうな手札であれば構わず殴りに行きます。

あとはPP4でフォロワーを出すか、出さないかの選択です。

これは相手の進化フォロワーで処理されないと思ったら、出してもいいのではないでしょうか? 処理されるとわかっているのに、出すのは手札損しているのではないかと僕は考えます。

まあ、相手の進化フォロワーに何がしかのダメージを与えないと処理できないと判断したのなら、出すべきかな?

気を付ける点としてはドラゴンまたはビショップ相手に体力3以下のフォロワーは出さないようにしましょう。

最悪効果で処理されて体力が無傷の進化フォロワーだけが残る可能性があります。これはちょっとまずい……

進化権の使いどころはこれはデッキ次第としか言えません。 守護フォロワーまたは進化フォロワーを処理するために残すのか、それとも攻めるために進化権行使なのか……

ちょっと説明に困りますね、ここは。最後に進化権は2回と少ないので、慎重に使いましょう。

後攻

いまのshadowverseでは比較的に後攻の方が有利を取れます。とくにコントロールデッキなどは。 しかしアグロ系だと手札事故が起きていない限り、先攻が欲しいですね。

ですが、手札が芳しくないと後攻がほしくなります。

マリガンは大胆に言っても良いのではないでしょうか?コストが重いカードを1枚ぐらい残したとしても何とかなるものです。

僕もエルフとロイヤルが相手のときは黙示を返さずに残すときがあります。

エルフに対しての黙示の使いどころがいつも迷いますけどね。

後攻では序盤、結構守りに入ることが多いです。つまりは相手のフォロワー処理に回されてしまうのです。

しかし、それもPP4で自分が攻める番になるまでです。

そこからは進化権をどんどん使っていきましょう。 先攻とは違い、進化権も慎重に使う必要はあまりありません。

攻めるのか、守りに入ってPPが増えたところで攻めていくのか。

どうするかはデッキ次第です。進化権の行使の仕方は正直デッキ次第なところが多いので、説明が出来ません。

アグロなら、攻める。 ミッドレンジなら、攻めてもいいし守りに入ってもよし。

コントロールは守りでしょうね、基本。

でもコントロールでも序盤から攻めていくことがありますけど。

僕は昆布デッキを使っていますけど超越ウィッチとかが相手なら、進化権は疾走フォロワーに使ってどんどん攻めていってます。

代表的なのがブラッドウルフですね。進化込み4点ダメージ、2枚来れば8点。 あとはスペルカードまたは別の疾走フォロワーで対処すれば超越相手にも意外と勝てます。

拙い説明で申し訳ないのですが、先攻と後攻についてでした。

もっとうまく説明できればいいんですけどね。また別に考えがまとまったら、追記するかもしれません。

スポンサーリンク
-->