ゲーム道楽の日々

FGOをメインとしたゲーム攻略、僕が書きたいと思ったことを書く雑記ブログです。

【FGO】浜辺の王様 アルトリア・ペンドラゴン(弓)!キャラ紹介【性能・評価】

f:id:za5a2b:20170727165421j:plain

この記事では『FGO』のキャラクター、「アルトリア・ペンドラゴン(弓)」の性能と評価、そしてキャラ自身について紹介します。

アルトリア・ペンドラゴン(弓)とは?

アルトリア・ペンドラゴン(弓)とは期間限定イベント、「夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアサマーメモリー ~癒やしのホワイトビーチ~ 」と「夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアヒートオデッセイ ~進化のシヴィライゼーション~」に登場したキャラクターです。

王様としての責務はすべて執務室を置き、夏を満喫するスタイルのアルトリア・ペンドラゴン。身なりもそれにふさわしい水着姿に、そしてクラスもアーチャーへと変化しています。

負けず嫌いの性質も相まって遊びでも全力の王様はエクスカリバーを持ち出す始末。

この時のアルトリアのセリフにこう言ったものがあります。

「しかしもともとエクスカリバーは湖の精霊から託されたものであり、水属性があってもなんらおかしなところはないのではないでしょうか?」と述べています。

アルトリアは生前、妖精の加護のおかげで「水の上を歩ける」という能力を持っていました。

泳ぐ必要性がなかった彼女は泳げない。つまりはカナヅチ。

とある事情で浜辺で遊んでいたのは、これのせいだったのです。それと練習さえすれば泳げるようにはなるとのこと。

アルトリア・ペンドラゴン(弓)の性能・評価

アルトリア・ペンドラゴン(弓) 基礎ステータス

f:id:za5a2b:20170727134021j:plain

アルトリア・ペンドラゴン(弓)はステータスはHP寄りのバランス型。

若干ATKが低いと感じるがそれを補うほどの高いNP効率を所有している。

その高いNP効率を支えているのは攻撃のヒット数。

Bastar・Artsは3ヒット、Quickは4ヒットとどれもが優れており、Quickはスター発生率も抜きんでている。

他にもクラススキル陣地作成のartsアップ率も一つの要因だろう。

スター発生率の高さはクラススキルの単独行動ともよくかみ合っている。Artsカードでクリティカルを狙うことができれば最善。

NP効率の良さか宝具の連射もできる非常に強力なサーヴァントであり、星5の中でも上位に位置する強さを持っている。

アルトリア・ペンドラゴン(弓) 保有スキル

アルトリア・ペンドラゴン(弓)の「サマー・スプラッシュ!」、「海の家の加護」、「ビーチフラワー」のスキルは攻撃バフ、防御バフ、さらには回復とバランスがよくどの効果も使い勝手が非常にいいです。

しかし、回避や無敵といったスキルはもっていないので相手の宝具を回避する手段が存在しません。

アルトリア・ペンドラゴン(弓)はArts型のパーティに組みこまれる場合が多いのと、Artsパーティ特有の長期戦を考慮して他サーヴァントで敵の宝具をしのぐ手段が必要となってきます。

例を挙げるとジャンヌ・ダルクなどがおすすめです。

スキルの強化優先順位は「サマー・スプラッシュ!」>「海の家の加護」>「ビーチフラワー」。

サマー・スプラッシュA

f:id:za5a2b:20170727150856j:plain

アルトリア・ペンドラゴン(弓)の「サマー・スプラッシュ」は自身のArtsカードと味方全体の防御力をアップさせることが可能な攻防両用のスキルです。

この手のスキルはスキルによる強化値が低めに設定されているものですが、アルトリア・ペンドラゴン(弓)の「サマー・スプラッシュ」はどちらの効果も最大30%の強化を得ることができます。

更に強化の持続ターンが3ターンと長め、真っ先に強化すべきスキルです。

海の家の加護EX

f:id:za5a2b:20170727150916j:plain

アルトリア・ペンドラゴン(弓)の「海の家の加護」は回復スキルです。

HPの回復幅は最大で5000と高く、CTのリキャストもスキルレベルMaxまで育成すれば、最短CT4と破格の効果となります。

アルトリア・ペンドラゴン(弓)の生存率を飛躍的に高めることが可能な有用なスキル。

ですが、敵の一撃必殺の攻撃(宝具など)を防げる類のものではないので、過信は禁物。

あくまで削れたHPを持ち直すことが可能という認識にとどめておきましょう。

デメリットのNP10%減はアルトリア・ペンドラゴン(弓)の宝具レベルが1の場合は少し気を付ける必要があります。

100%までNPが貯まった状態でこのスキルを使用してしまうと宝具を使用できないという事態になることがまれにありますからね。

宝具2以上の場合はそれほど気にする必要はありません。

ビーチフラワーB

f:id:za5a2b:20170727150946j:plain

アルトリア・ペンドラゴン(弓)の「ビーチフラワー」は「カリスマ」と同等のスキルと思ってください。

「カリスマ」との違いは男性のスター発生率アップですが、こちらの効果を利用することはほとんどないでしょう。

あくまで攻撃強化スキルと考えてください。

スキルの効果倍率もそれほど高くはないので、強化優先度は低めです。

アルトリア・ペンドラゴン(弓) 宝具【陽光煌く勝利の剣】

f:id:za5a2b:20170727151011j:plain

アルトリア・ペンドラゴン(弓)の宝具、「陽光煌く勝利の剣(エクスカリバー・ヴィヴィアン)」は重要なダメージソースです。

アルトリア・ペンドラゴン(弓)はNP効率が非常に高いと前述しましたが、この宝具のNPリチャージ効果も合わせると連続で宝具を使用することも珍しくはありません。

宝具火力はスキルによる自バフも含めるとはArts宝具の中でも高水準の威力。おまけに確率とはいえチャージ減付き、どれをとっても文句なしの宝具です。

※リチャージ効果は本家セイバー、アルトリア・ペンドラゴンにもついていますが、その効果を実感することはあまりありません。

総評 宝具回転率を筆頭に高水準な性能に纏まったキャラクター

f:id:za5a2b:20170727163915j:plain

アルトリア・ペンドラゴン(弓)はアーチャークラスの中でも、それどころか全クラスのサーヴァントを含めても桁が違う強さを秘めています。

NP回収率の高さはアルトリア・ペンドラゴン(弓)の代名詞ですが、その長所を引き延ばすためには装備させる礼装も考える必要があります。

基本はArtsカードを強化する「フォーマルクラフト」のような礼装が単純ではありますが、最良だと思います。

もしくは元々のNP回収率は優れているので、宝具威力の強化を優先するのもアリですね。

またはArtsと宝具を同時に強化できる礼装なども。

スポンサーリンク
-->